後期研修

循環器グループ

2016年かわじり循環器グループ始動

野崎徳洲会病院・松原徳洲会病院 後期研修医募集!!

循環器内科手術後期研修

川尻循環器グループ

専門医を取得することだけが目的なら、大学病院や公的病院、大手の専門病院に行けば良い。

川尻循環器グループが目指す循環器ドクターは、ただカテーテルだけの技術屋ではない。

年間6000台から7000台の救急搬送患者を受け入れる病院だからこそ経験できる、心疾患の緊急対応。

そして少人数だからこそ圧倒的な症例数を体験できる。

有能な人材ではなく。有用な人財をめざそう。

 

まずは見学にきてご自身の目で、耳で感じてください。そして川尻ドクターの人柄に触れてください。

平成26年度実績

  • CAG件数 (平成26年度実績)

    ・野崎徳洲会病院   804件

    ・松原徳洲会病院   639件

  • 内 PTCA件数 (平成26年度実績)

    ・野崎徳洲会病院   468件

    ・松原徳洲会病院   257件

  • 心エコー件数 (平成26年度実績)

    ・野崎徳洲会病院   6210件

    ・松原徳洲会病院   7293件

当院での研修のメリット

当院での研修のメリット図

循環器内科部長 川尻 健司

循環器内科部長
川尻 健司

後期研修では専門的分野で研修を行うわけですから専門的知識、技術を身に付けることはもちろん重要です。

ただし、医師として最も重要なことは患者さんとそのご家族とコミュニケーションをとって信頼関係を確立し患者さんの生涯に渡って最も良い結果となると考えられる治療法を患者さんと一緒に考えることです。技術を身に付けると一人前になったような気になるので、とかくそれを第一に求めがちですが、それ以上に重要なことがあることを認識していただきたいと思います。そのうえで専門的知識と技術を身に付けていきましょう


到達目標やアウトカム

①循環器内科的診断能力

②患者さんとの良好なコミュニケーション

③循環器内科的治療法の決定

④循環器内科的治療の理解と基本的技術習得

⑤コメディカルスタッフとの協力

⑥病診連携の重要性の理解

休暇/学会出張などの条件

法人の規定に従う。学会出張は、演題があれば制限なし。

週間スケジュール

外来:週に再来1回、初診1回

当直:平日:週に1回

入院患者カンファレンス:毎朝8時~

カテーテルカンファレンス:月曜18時頃~

カテーテル検査:治療日:月曜日~金曜日午後

年次到達目標/年間研修スケジュール

1年次

①循環器疾患の診断

②循環器治療の理解

③基本的治療手技の習得と実践

④循環器救急診療

⑤研究会、学会での症例発表

2年次

①治療法の決定

②循環器治療技術の習得と実践

③研究会、学会での研究発表

 

学会施設認定・取得可能な資格など

日本内科学会教育関連施設、日本循環器学会専門医認定施設、CVIT認定研修施設