初期研修

初期研修について

野崎病院で初期研修を始めませんか。医師として何処で研修を始めるかは非常に大切なターニングポイントになります。どんな指導医と、どんな環境でスタートするかはその人の人生に少なからず影響します。
救急患者が増えてフウフウいっております。当病院では中断者を積極的に受け入れており中途研修も大歓迎ですので、悩んでいる方はぜひご相談ください。

■初期研修の出前説明会をおこないます。

初期研修の実際の説明をご希望の方は、遠慮なく、お申込みまたは、お問合せください。
ご希望の日程を調整して、こちらからお伺いいたします。

初期研修の出前説明会の申込みはこちら

臨床研修の理念・基本方針

■理念

医師をはじめるにあたり、いかなる診療科に携わろうと、医師として最低限必要な知識と技術を取得し、医師としての生き方、医療のあり方、人間性を確認する時間をつくる開かれた臨床研修病院を目指す。

■基本方針

  1. 1.高い倫理観と豊かな人間性を、また常に科学的な妥当性、探求能力、また社会発展に貢献する使命感と責任感を持った「全人的な医師」の育成を目指しています。
  2. 2.医療・医学は、患者さんのためにあるという「医のこころ」の教育を重視しています。

研修の特徴

  1. 1. プライマリケア中心の組み立て
  2. 2. どのような救急場面にも自信を持って対処できる実践力がつく
  3. 3. 必須科目に長い研修期間をとり、より広範囲に学べるように配慮
  4. 4. 離島研修を盛り込み、総復習ができる

研修スケジュール イメージ例

【1年次】
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
内科 外科 救急診療
【2年次】
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
地域医療 小児科 産婦
人科
精神科 麻酔科 自由選択
  • ※研修医の配置 各科1名または2名のローテーションとする。
  • ※麻酔科については、選択必須とし、選択しない場合は、外科のプログラムにおいて、フォローする。
  • ※救急診療は、3ヶ月のうち、連続して1ヶ月のほか、2年間を通じて、救急当直や日直勤務にて、目標到達する。

自由選択科目について

自分の希望する診療科にて研修を行う。

内科・外科・救急・循環器内科・整形外科
脳神経外科・心臓血管外科・泌尿器科
麻酔科
野崎徳洲会病院
内科 大垣徳洲会病院
精神科
  • 阪奈サナトリウム
  • 日野病院
  • 小阪病院
緩和ケア 札幌南徳洲会病院
外科 神戸徳洲会病院
大垣徳洲会病院
産婦人科
  • 宇治徳洲会病院
  • 吹田徳洲会病院
  • 生駒市立病院
  • 松下記念病院
小児科 宇治徳洲会病院
岸和田徳洲会病院
河内総合病院
形成外科 生駒市立病院
地域医療
  • 日高徳洲会病院
  • 徳之島徳洲会病院
  • 庄内余目病院
  • 名瀬徳洲会病院
  • 帯広徳洲会病院
  • 共愛会病院
  • 白根徳洲会病院
  • 大隅鹿屋病院
  • 新庄徳洲会病院
  • 山北徳洲会病院
  • 喜界徳洲会病院
  • 瀬戸内島徳洲会病院
  • 屋久島徳洲会病院
  • 沖永良部徳洲会病院
  • 与論徳洲会病院
  • 宮古島徳洲会病院
  • 垂水徳洲会病院
  • 皆野病院
  • 笠利病院
  • 宇和島徳洲会病院
  • 石垣島徳洲会病院
  • 山川病院
  • 大阪府大阪府四條畷保健所
  • 野崎徳洲会クリニック

臨床研修協力型病院

  • 小児科:岸和田徳洲会病院・河内総合病院・宇治徳洲会病院
  • 産婦人科:松下記念病院・河内総合病院・宇治徳洲会病院・吹田徳洲会病院
  • 精神科:阪奈サナトリウム・日野病院・小阪病院
  • 外科:神戸徳洲会病院・大垣徳洲会病院
  • 内科:大垣徳洲会病院

臨床研修協力施設

  • 離島研修:徳洲会グループの離島・僻地病院
  • 大阪府大阪府四條畷保健所・野崎徳洲会クリニック・札幌南徳洲会病院・生駒市立病院

就業条件

身分 野崎徳洲会病院 常勤職員
月給 1年次:300,000円・2年次:320,000円  ※時間外手当あり
賞与 年2回(7月・12月)、1年次:400,000円・2年次:640,000円
手当 当直手当(一年目:25,000円/回・二年目:30,000円/回)
扶養手当(配偶者16,000円 子供1人5,000円  3人目から2,000円)
住宅手当(50,000円を上限として家賃の半額を支給)
通勤費 2km以上の通勤距離の場合、規定により支給
食事代 朝食:医局内 医局費
昼食:院内職員食堂250円
夕食当直者はゼロ、そうでない人は250円
休暇 年始年末・有給休暇あり
社会保険 健保、厚生、雇用、労災
その他 主要学会2つ、参加費、年会費病院負担、医療賠償保険加入

医師として何処で研修を始めるかは非常に大切なターニングポイントになります。
どんな指導医と、どんな環境でスタートするかは、その人の人生に少なからず影響します。
当病院では中断者を積極的に受け入れており中途研修も大歓迎ですので、悩んでいる方はぜひご相談ください。

お問い合わせはこちらから


年次報告

① 様式10(年次報告書、研修プログラム変更・新設届出書)(*様式10の本紙です。)
② 様式10別紙1(研修管理委員会の構成員の氏名及び開催回数)
③ 様式10別紙2(診療科ごとの入院患者・外来患者の数)
④ 様式10別紙3(研修プログラムの名称及び概要)
⑤ 様式10別紙4(臨床研修指導医等の氏名等)
⑥ 様式10別表(病院群の構成等)